スコットランドにおけるニット

スコットランドにおけるニットは他の地域とは異なり、独自の発展を見せることになります。

 

他のヨーロッパ諸国が機械編みへと移行していた17~18世紀にも、スコットランドでは手編みのニットが主流で人々の生活を支えていました。

 

この時期のスコットランドではセーターをはじめ靴下やキャップなど、ほとんどの家庭でニット製品が編まれていたそうです。

 

1h1jf00z

 

これにはスコットランドの地形や天候が大きく影響していると言われています。

 

当時のスコットランドでは漁業で生活をする人々が多く、そのため雨や寒さといった厳しい気候に耐えうる、油分を含んだ手編みのニットが作業着として使われていました。

 

 

ほとんどの漁師が手編みで編まれたニットを着ていたため、他と区別するために多種多様な編み模様が生まれたそうです。

 

不慮の事故で漁師が亡くなった時には、着ているニットの模様から身元の確認を行っていたという話まであります。

 

フェアアイル柄やアーガイル柄といったパターンも、中東のデザインから影響を受けながらこの頃のスコットランドで確立されたと言います。

 

 

特に北海に浮かぶシェトランド諸島では、地元のシェトランドシープからとれるウールがニットに最適だったこともあり、クオリティの高い手編みのニットが作られ今でも産業として残っています。

 

20世紀にはアラン編みと言われ、今でも多くのデザイナーに使われることの多い縄模様のステッチが生まれました。

 

 

上記の二種類の特徴を持ち、今でも世界中にファンの多いブランドがインバーアラン(Inverallan)です。

 

2016-09-06_181527

 

ブランドの代名詞といわれるアランニットは、およそ25000ステッチからなる一枚のニットを、ニッターが約90時間かけて編み上げると言われている老舗中の老舗。

 

ここ日本でも、BAPEやNEIGHBORHOOD、WTAPS、DELUXE、FACTOTUMなどなど数多くのドメスティックブランドとのコラボレーションを展開。

 

そのクオリティの高さから、RON HERMANやBEAMS、SHIPSなどの有名セレクトショップの別注も数多くリリースされているなど、ハンドメイドニットの最高峰と言われるブランドです。

 

ハンドメイドということで、近年では編めるニッターも減ってきており、今後さらに価値が高まることが予想されるニットは是非とも一着持っておきたい逸品です。

 

 

同じくスコットランドのニットブランドで人気が高いのがハーレーオブスコットランド(Harley of Scotland)

 

harley-photo

 

こちらのブランドはインバーアランとは対称的に、イタリア産のメリノウールと最新テクノロジーを駆使し、軽さと柔らかさを追求したニット作りが特徴。

 

最近ではあまり見なくなった、スコットランド伝統の”シームレスニッティング”と呼ばれる、パーツを繋ぎ合わせないフルシームレスの製法をとっていることでも有名です。